看護師が知っておきたい脂質ガイド

脂質のエステル化

脂肪酸やグリセリン、コレステロールなどの物質に、他の物質を交え様々に結合することにより、
「トリグリセリド」や「リン脂質」、「コレステロールエステル」など、
多種多様な脂質が形成されます。
このように多種多様な脂質が形成される際、「エステル化」と呼ばれる
特徴的な共通の結合様式が見られます。

 

例えば中性脂肪では、グリセリンと脂肪酸がエステル化したものですが、
グリセリンには、脂肪酸と結合できる部位が3箇所あり、
中性脂肪はこれを接続基盤にして脂肪酸の枝が1〜3本生えたような姿になっています。

 

この結合は、もともと備わっていた親水的な部分を互いに埋めるように行われています。

 

トリグリセリド

 

トリグリセリドは、中性脂肪の主成分をなす物質で、
3箇所全てに脂肪酸が結合しているものをいいます。

 

トリグリセリドの「トリ」は「3」を表しています。

 

脂肪酸の酸性がエステル化によって失われているために「中性」の中冠されています。

 

この構造を見ると、きわめて効率のよいエネルギー貯蔵物質となっていることが容易に分ります。

 

リン脂質

 

リン脂質は、分子内にリンを含むことが特徴的な物質です。

 

最も有名なものは、細胞膜の主成分をなすフォスファチジルコリンで、
このフォスファチジルコリンもグリセリンを基盤としたエステルですが、
3本の枝のうちの1本がリン酸(+コリン)になっています。
そして、この1本の枝は親水性を持っています。

 

このように、分子の中に親水部分と疎水部分の両方の性質を持っているものを
「両親媒性」と呼んでいます。

 

両親媒性は、脂質の生体における存在様態に大きな栄養を与えています。

 

コレステロールエステル

 

コレステロールエステルは、コレステロールと脂肪酸が結合したもので、
エステル化によってさらに疎水水が高くなっています。