看護師が知っておきたい脂質ガイド

リポタンパクの種類と動脈硬化

コレステロールというと、一般の人にも「善玉コレステロール」、「悪玉コレステロール」という言葉が知られています。
これは、「善玉コレステロール=HDLコレステロール」、「悪玉コレステロール=LDLコレステロール」の俗称です。
そして、善玉は、動脈硬化のリスクを下げるという意味で、
悪玉は、動脈硬化のリスクをあげるという意味で用いられています。

 

コレステロール自体にこのような種類があると、誤解してしまうのですが、
実際には、両者のコレステロールの構造には変わりがありません。
ただ、それを含有するリポタンパクの種類が異なり、
動脈硬化という観点から見ると、LDLとHDLは異議が全く異なるというところに注意をする必要があります。

 

さて、脂質の含有比率や密度が異なるというだけで、
「悪玉」や「善玉」などと呼ばれているのではありません。
由来や性質が異なっていて、その違いが結果として密度の違いという形で表れています。

 

カイロミクロン

 

最も大きなサイズを持つカイロミクロンは、トリグリセリドが大半を占めています。
そして、このカイロミクロンは、食事由来の中性脂肪を小腸から肝臓に運搬する際の、
リポタンパク形態です。

 

低密度リポタンパク(LDL)

 

LDL系統のリポタンパクは、肝臓から分泌されます。
血中に出た直後は、トリグリセリドがたくさんありますが、
抹消組織にトリグリセリドを分配しながらサイズが減少します。

 

やがて、コレステロールの比率が高まってきたLDLは、
抹消へのコレステロールの供給作用を持ちながら、
いずれ肝臓に認識されて回収されます。

 

ですが、もともとのトリグリセリド含有量が多かった場合など、
様々な理由で血中に長く留まっていることがあります。
すると、動脈内に進入し、マクロファージの攻撃を受けて、
動脈硬化の原因となるプラーク形成をきたしてしまいます。

 

高密度リポタンパク(HDL)

 

HDL系リポタンパクは、肝臓や小腸から分泌される、
トリグリセリドを殆ど含まない小さなリポタンパクです。
この一部は、カイロミクロンから分離して生じるものもあります。

 

分泌直後は、円盤状ですが、やがて抹消組織にある余剰のコレステロールを取り込んでエステル化し、
球状に太ってしまいます。

 

そのまま全てが肝臓に回収されれば良さそうな感じもしますが、
HDLはLDL系統のリポタンパクにコレステロールエステルを引き渡します。
結局、コレステロールは抹消に戻ってしまい意味がないように見えますね。

 

しかし、LDLは、いずれ肝臓に取り込まれます。
一連のながれによって、HDLは全体としてコレステロールを抹消から肝臓に回収する方向に寄与しているわけです。

 

 

このように、同じコレステロールでも、動脈硬化のリスクという観点からすると、
LDLに含まれるものとHDLに含まれるものとでは全く異議が異なります。

 

コレステロールと動脈硬化の関連が疑われたのは、
病巣のプラークそのものがコレステロールの塊と言ってよいような物だからです。

 

実際、血中総コレステロールが高いと動脈硬化性疾患の危険因子として認められましたが、
その値の一部は、余剰コレステロールを回収している姿を見ていただけです。

 

現在は、HDLコレステロールだけを取り出した値と、
冠動脈疾患のリスクが調査され、結果、値が低いほどリスクが高くなるという知見が確立されているのです。