看護師が知っておきたい脂質ガイド

リポタンパクの性質を決めるのはたんぱく質

リポタンパクの種類の違いによって質的な違いが生じます。
これは、表面に存在するたんぱく質の種類が異なることが
大きな原因となっています。

 

これらのたんぱく質のことを、「アポタンパク(或いはアポリポタンパク)」と呼んでいます。

 

「アポタンパク(或いはアポリポタンパク)」は、単に水溶性の増進に貢献するだけでなく、
細胞の受容体に認識されたり、酵素活性の促進・阻害をするなどの働きがあります。

 

HDL系統とLDL系統を比較すると、LDL系統に特有の「アポタンパク(或いはアポリポタンパク)」の一つは、
肝の「LDL受容体」に結合することにより、回収を可能にしています。

 

HDLでは、抹消から取り込んだコレステロールをエステル化します。
これは、HDLに含まれるリン脂質から、脂肪酸の枝をコレステロールに移し変えることで実現されます。
この反応には、HDL特有の「アポタンパク(或いはアポリポタンパク)」が関わっています。